レジリエラボ

エキスパート

代表取締役社長

市川 佳居Kaoru Ichikawa

博士(医学) 一般社団法人 国際EAP協会 日本支部 理事長。 国内初のCEAP(国際EAP協会認定EAPコンサルタント)として、日本およびアジア地域おける EAP、働く人のメンタルヘルスのパイオニア。健康経営などの側面からレジリエンスを活用した手法を企業にアドバイス。 早稲田大学第一文学部を卒業後、米国メリーランド州立大学大学院に留学、米国ソーシャルワークの資格を取得後帰国し、モトローラ社にて EAPの普及に努め、日本を含むアジア12か国に立ち上げる。その後、杏林大学にて医学博士取得(衛生学公衆衛生)。2002年にEAP会社(株式会社イープ)を起業。2009年国際EAP協会日本支部立ち上げ。2017年レジリエ研究所開設。
資格
国際EAPコンサルタント(CEAP)、カリフォルニア州臨床ソーシャルワーカー(LCSW)、臨床心理士・公認心理師
著書
職場ではぐくむレジリエンス:働き方を変える15のポイント EAP導入の手順と運用 新訂版・職場のメンタルヘルス100のレシピ 企業のメンタルヘルスを強化するためにーEAP(従業員支援プログラム)の活用と実践 Q&Aで学ぶワーク・エンゲイジメント
学会・教育活動
Employee Assistance Certification Commissioner 2016-2019. Employee Assistance Professionals Associations – Board member2012-2016. Asia Pacific Employee Assistance Roundtable, President 2013-2017. アジア太平洋地域EAP円卓会議(APEAR) 理事 日本産業精神保健学会 理事、評議員 日本ストレス学会 監事 日本産業ストレス学会 理事、評議員 東京経営者協会 経営労務相談室 相談員 非常勤講師:杏林大学、産業医科大学、京都文教大学

Emerald Jane Turner

レジリエンスエキスパート

Emerald Jane Turner

レジリエンスアセスメントのオリジナル版作成者。イギリスを拠点にレジリエンスとマインドフルネスをグローバル企業、政府機関およびコミュニティに普及している。

角田 透

取締役

角田 透Tooru Tsunoda

慶応大学医学部卒業。博士(医学) 杏林大学名誉教授、了德寺大学教授、東京産業保健総合支援センター相談員、日本産業精神保健学会副理事長、日本ストレス学会副理事長、林業木材製造業労働災害防止協会専務理事、日本EAP協会会長、国際EAP協会日本支部副理事長

重盛 憲司

取締役

重盛 憲司Kenji Shigemori

医師、精神保健指定医、労働衛生コンサルタント、洗足メンタルクリニック院長、厚生労働省、国立病院機構 久里浜医療センター医長を経て、現職。専門は、働く人の依存行動・メンタルヘルス。東芝(株)本社メンタルヘルス担当産業医、テレビ東京産業医等歴任。産業保健におけるメンタルヘルスの経験豊富。

関 英一

産業精神保健アドバイザー

関 英一Eiichi Seki

医師、精神保健指定医、産業医。 内閣府参事官(国連障害者権利条約を受けた法改正)、厚生労働省(アルコール関連問題等)、世界保健機関(WHO)ジュネーブ本部等歴任。米国ハーバード大学公衆衛生学大学院卒。

阿久津 聡

経営学アドバイザー

阿久津 聡Satoshi Akutsu

一橋大学大学院教授。一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻、教授、DBAプログラムディレクター。 一橋大学商学部卒。同大学大学院商学研究科修士課程修了(商学修士)。 フルブライト奨学生としてカリフォルニア大学バークレー校ハース経営大学院に留学し、MS(経営工学修士)とPh.D.(経営学博士)を取得。同校研究員(1998-1999;2007-2009)。 一橋大学商学部専任講師、一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授などを経て、現職。日本マーケティング学会副会長。株式会社アダストリアなどで社外取締役を務める一方、企業ブランディングによって持続的に業績を向上させる経営のあり方を研究し、特に、健康経営まで実現する「健康経営ブランディング」を提唱している。

宮澤 有里

主任研究員

宮澤 有里Yuri Miyazawa

CEAP、臨床心理士、公認心理師、レジリエコーチ、⾏動科学研究専⾨。 ⽇本航空(株)、⼤⼿幼児教育研究所勤務を経て、コンサルタントとして乳幼児期〜中年期、⾼年齢者まで幅広い世代へ発達⼼理のアドバイスを⾏う。労働者・家族を中⼼としてあらゆる年代を対象とした⼼理検査やコーチングを提供している。⼈間科学修⼠。

心理系エキスパート

松井 知子

松井 知子Tomoko Matsui

博士(保健学)、公認心理師、臨床心理士。 子供から大人まで各ライフステージのウェルビーイングの課題解決支援の専門家。杏林大学保健学部教授、日本ストレス学会理事、日本産業精神保健学会理事、日本産業ストレス学会理事等歴任。
楳田 京子

楳田 京子Kyoko Umeda

MEd in Counselor Education、公認心理師、臨床心理士、CEAP国際EAP協会認定EAPコンサルタント。 企業内カウンセリング、EAPカウンセリング経験15年以上。バイオフィードバック、惨事ストレスケア、アニマルセラピー等の専門スキルを有する。

マインドフルネスエキスパート

Mi Yen Low

Mi Yen Low

MA in Clinical Psychology マインドフルネス・マスタートレーナー。マレーシアを拠点にベトナム、タイ、カンボジア、台湾、オーストラリア等アジア太平洋地域でマインドフルネス講座を開催。アジア太平洋EAPラウンドテーブルの理事も務め、EAP経験20年以上の産業心理の専門家でもある。

看護系エキスパート

北野 有理

北野 有理Yuri Kitano

国際医療福祉大学 保健学大学院 看護師、保健師。 都立駒込病院緩和ケアの看護師を経て、老人保健、地域保健におけるウェルネス指導、ストレスチェックの実施、メンタルヘルス疾患による休職・復職指導等を行う。

介護・福祉系エキスパート

時田 由美

時田 由美Yumi Tokita

健康価値創造企業 代表取締役。社会福祉士。 特別養護老人ホームのソーシャルワークを経て、ケアマネジャー、社会福祉協議会の理事等歴任。老人介護に関する家族へのコンサルテーションの専門家。

提携エキスパート(心理)

小林 絵理子Eriko Kobayashi

TIP(東京インターナショナルサイコセラピー) 共同代表。 米国カリフォルニア社サイコロジスト、臨床心理士 コロンビア大学臨床ソーシャルワーク修士、ペンシルバニア州立大学カウンセリング心理学博士号取得、認知行動療法及び異文化間心理学を専門とする。 TIP(東京インターナショナルサイコセラピー)

提携エキスパート(産業保健)

David Levine

David Levine (Global Care Experts LLC)

グローバル企業におけるクライシスケア、心理的応急処置(PFA)の専門家。世界各国にクライシスケア専門家のネットワークを持ち、テロ、天災、事故などの際に、心のケアを行う。 Global Care Experts LLC
※レジリエ研究所では、早稲田大学人間科学部より公認心理師を目指す実習生を受け入れています。(2018年度~)
   
PAGE TOP